コミュニケーション 書籍

「無礼な奴は損しかしない!」礼儀正しさこそビジネスで最強である理由

2021年12月19日

ここでは礼儀正しさこそ最強の生存戦略であるの説明、紹介を載せています。

職場や飲食店等で、無礼な態度を見る人は良くありませんか?そういう方は損をしている、また周囲に不利益を与えています。

この記事の結論は「礼儀正しさはメリットが多く、無礼さは損しかない」です。

では何故礼儀正しくする事がメリットなのかを紹介します。

礼儀正しいからこそチャンスを得やすい

基本的に礼儀正しいだけでメリットが多いです。

殆どの人は礼儀正しい人こそ話しかけ易くなり、無礼な人ほど話しかけ難くなります。

例えば職場で仕事に関して先輩や同僚に相談する場合。

仕事の力量が同じでも、礼儀正しい人と無礼な人がいる場合は、礼儀正しい人に相談しますよね?

職場等の人が集まる場所でも、礼儀正しく親切な人程、多く声を掛けてもらえます。

こうやって周囲に人が集まり、様々な人と仲良くなる事で、多くのチャンスに巡り合う可能性が出てくるのです。

 

私も何かモノを尋ねたい時は、礼儀正しい人に話しかけます。

・話しかけやすい人になる方法はこちら

礼儀正しさとは?どうすれば感じるのか

これは前の記事にも似たような事を書きましたが、笑顔で挨拶し機嫌が良さそうしている事

また些細な事でも「ありがとうございます」と笑顔で言える事も大切です。

相手が話している場合は、相手の事を尊重してちゃんと話しを聞く。

礼儀正しさ 笑顔

当たり前の様な内容ですよね?しかしこれが以外と出来ていません。

何故なら必死に自分の気持ちを話している最中に、話しを遮ってこちらの意見をぶつける。

更に悩んでいる事に対してバカにすると、もう二度と話す事も無くなり信頼を失います。

相槌を打ちつつ、黙って最後まで聞いた上で、こちらの意見を言いましょう。

真髄に相手の話しを聞く、というのは簡単な様で以外と出来ていないものです。

 

私自身も心当たりがあり、話しを聞いている最中に、ついつい勝手に話しの内容を予想して自分の意見を言ってしまう時があります。

今後も会話をする時は気を付けていきたいと思います。

無礼さは損であり、周りにダメージを与える可能性もある

職場で無礼な態度で他人を見下したり、悪口を頻繁に言う人がいると周囲が嫌な気持ちになります。

これは多くの人が経験した事がありませんか?悪口は特に嫌な気分になります。

無礼な態度

そして自分が悪口の対象で無かったとしても、嫌な気持ちになって集中力が下がります。

また「そういう人がいる」と認識してしまうと良い人間関係を構築出来なくなってしまい、ストレスが溜まる事があります。

出来るだけそういう人には近づかない様にしましょう。

といっても職場では毎日顔を合わせ、離れる事が難しい状況は多々あります。

そういった場合は、必要最低限の会話で切り上げるようにしましょう。

 

無理に職場や学校で苦手な人と親密にならずに、最低限のコミュニケーションで自分を守っています。

人と仲良くなる事は良いのですが、こちらにダメージを与える人と親密になってもしょうがありませんよね。

「計算高くて嫌だ」と思うかもしれませんが、自分の為に仲良くなる人は選んでいます。

バカにしてきた時の対処法

残念ながら相手をバカにしたり、見下すという無礼な人は何処にでもいます。

こういった人に絡まれた場合は、まともに相手にするのはする必要はありません。

他人を見下す人は劣等感に悩まされており、自分の方が上だという思いたいが故に、こちらの事を蔑んで地位を下げようとしている事が殆どです。

なのでポジティブな反応や、表面上相手の主張を認める等が効果的です。

これを繰り返せば、相手も面白く無くなり、周りからもこちらの器の大きさをアピールする事が出来ます。

最後に

笑顔で挨拶等、礼儀正しくする事で周りも気持ちよくなり、その結果好かれやすくなります。

そうなれば様々な運やチャンス、情報が巡ってくる事も多くあります。

本著は「どうしても無礼な態度がしたい!」という方は買わなくも問題ありません。

しかし気付かずに無礼な態度をしている時もありますよね?自分や周りの為に礼儀正しい人になっていくと、自分のメリットが増えます。

自分の為なので、是非試してみましょう。

-コミュニケーション, 書籍