書籍

[まだしてないの?]小さな習慣を身に付ける方法

2021年12月26日

いきなりですが、「物事を継続すると、いずれ大きな力にる。」という事はよく聞きますよね。

そして結果を出す人も多く、実際その通りなんでしょう。

しかし中々継続して物事に取り込むというのは出来ませんよね?

そんな物事の継続方法をご紹介します。

本記事の内容

  • 継続する事で力をつけるが、継続とはどうすれば出来るのか?
  • まず何事でも一歩踏み出す。
  • ハードルの低い習慣を設定する。
  • 物事を習慣化する事で、自己肯定感や稼げる力が得られる。

この記事の結論は「1分やる、という緩い習慣から始める事で習慣が身に付く」です。

では詳しくご説明いたします。

千里の道も一歩から

継続は力なりと良く効きますよね?

勉強・運動・筋トレ等、様々なものが継続する事で力を付けていく事が出来ます。

筋トレ いらすと

このように継続的に物事に取り組む事で、大きな力を得るという事は、殆どの人が分かっているのにも関わらず中々出来ないものです。

なので、取り合えず初めの一歩を踏み出してみましょう。

取り合えず1回だけやる。

あれこれ考えすぎると、ネガティブな感情や自分に対する言い訳を思いつくので、取り合えず行動しましょう。

まずやってみないと分かりません、やり始めると意外と楽しくて続ける事が出来る時もあります。

まず1歩踏み出しましょう。

 

私も余り深く考えずに「取り合えずブログをやってみようかな」と思い行動しました。

最初の1歩を踏み出すのは中々難しいかもしれませんが「何となく興味があったからやってみた」で行動してみましょう。

合えば続ける、合わなければやめる、フットワークが軽い方が様々な物に触れて視野が広がりました。

習慣のハードルはとにかく下げよう

さて1歩踏み出した後は、習慣にしなくてはなりません。

しかし人間のやる気というのは、どんどん下がっていくものです。

目標や計画を立てたものの、疲れた日があってやめてしまった。

しかもその日をきっかけに、どんどんやらなくなってしまった。

という事はよくある事で、何かを継続的に取り組むというのは難しいものです。

ではどうしたらいいのかというと

1日1分という風に、習慣のハードルをかなり下げます

1日に1分だけ勉強をしよう、筋トレをしよう等、とにかく緩いハードルにして続ける事が大事です。

1日1分だけの勉強でも、何もしないより遥かに良いです。

勿論1分した後も気分が乗れば30分でも1時間しても問題ありません。

しかし次の日もどんなに疲れていても忙しくても必ず1分はしましょう。

仮に1日1時間でも出来るならその方が良いでしょう。

しかし疲れている日に「1時間やらなきゃ・・・」と思うとめんどくさくて結局やりません。

そしてやらなかったら「自分には結局無理だった」と言い訳を作って元に戻ります。

そうならない為にも新しく習慣を作るには温い方が良いのです。

 

私も取り合えず、毎日1分以上やる事で習慣化しています。

ブログにせよ、Youtubeの動画作成にせよ、継続しないと芽は出来てきません。

毎日0分と1分では大差無い様に見えて、経験値に大きな差が実感出来ます。

焦る気持ちは分かりますが、長期的な視点で物事に取り組みましょう。

習慣作りには約66日かかる

個人差がありますが、習慣にするには約66日かかると言われています。

習慣化するのは大変ですが、脳が習慣を覚えてしまうと、逆にやらないと気持ち悪い感覚になります。

歯磨きの様に毎日やって当たり前、という状態まで持っていきましょう。

モチベーションに頼るな!

モチベーションが上がると目標に向かって何時間もする事が出来ます。

これ自体は問題はありませんが、モチベーションは必ず下がります

だるい イラスト

多くの人は身に覚えがあるのではないでしょうか?

モチベーションが上がってきた時に無茶な目標を立てて挫折する。

モチベーションを維持するのは普通の人には不可能であり、明日には無くなっているものを信用してはいけません。

だからこそ緩い目標を立てて、習慣化する事が大切なのです。

私もモチベーションが上がった時は一気にやりますが、数日たったらやる気無くなってますね・・・

つまりテンションが上がった時だけ、何時もより多めにやれば良いのです。

脳は変化に抵抗する

人間の脳は変化に対して抵抗する様に出来ています。

何か新しい事をやろうとすると「めんどくさい」「リスクがある」といった感情を出して抵抗してきます。

その為、「少しなら良いでしょ?」という感じで脳を毎日騙していきます。

 

66日経つと、やらないと気持ち悪くなるぐらいになります。

また作業に対して褒美を与える事で、脳を騙しやすくなります。

1分作業をすれば「好きな動画を見れる」等、簡単で手軽なご褒美を与えると、脳は「この作業が得なんだな」と思い込みます。

その内ご褒美無しでも作業がしたくなります。

 

「めんどくせぇ!」と思った時は、脳が抵抗しているんだなと思ってます。

だからこそ「抵抗するな!俺は変わるんだ!」という気持ちを持つ事にしています。

最後に

人間は変化に対して抵抗する様に出来ています。

退屈ですが何時もと同じ、変化の無い事に安心感を覚えるのです。

ではこの何時もと同じ安心する事に、勉強や運動を取り入れる事が出来れば自然と強い力が身に付くのでは?

最初は身に付くまでに大変ですが、習慣化してしまえば強力な武器になります。

自分で習慣化出来る人や必要の無い方には必要ありませんが、本著には詳しくそのやり方が記されています。

是非、習慣化して成長に役立てましょう。

-書籍